ボルボ XC40対応 既存コンセント100Vから200V交換工事

東京都 ボルボ(VOLVO) XC40 Panasonic WK4322

今回はボルボ XC40オーナー様ご自宅にPanasonic WK4322S 200V用充電コンセントの施工事例をご紹介します。最近の戸建て住宅には元々EV用のブレーカーが用意されていることが増えてきました。
今回のお客様のご自宅にも元々充電コンセントが付いていましたが100V用だったため、200Vに交換したいというご要望でした。

VOLVO XC40 PHEV

ブレーカーが収納されている分電盤には用途がシール等で記されていますが、そちらにEV用と書いてある場合充電が可能です。ブレーカーによってはブレーカー本体の交換が必要になる場合がございますが、現地調査で確認し必要な場合は事前にお知らせしています。

今回の事例はブレーカーを外した後、押し釦を押し下げると200V用になる使用だったのでスムーズに施工ができました。

駐車スペースに設置されているコンセントは100V用でしたが2.0㎜のケーブルが使用されていることが現地調査で確認していたため、コンセント本体を200V用に交換するだけで充電可能になりました。

また、このような事例で現在使用されているコンセントまでのケーブルの太さにより工事内容が変わります。
2.0㎜以上の場合:配線・配管工事が不要になる為、格段に金額もお安く済みます。
1.6㎜の場合:200V用コンセントに適合しないので、配線の引き直し等の工事が必要になります。

【工事内容】
・車種:ボルボ(VOLVO) XC40
・充電器:Panasonic [EV・PHEV充電用] 屋外コンセントWK4322S(シルバー)
・施工時間:約30分
・参考費用:約2万円

この度は弊社にご依頼いただき誠にありがとうございました。

EVステーションプロではEV・PHV・PHEVの国産車・輸入車に対応した、コンセントタイプやスタンドタイプなど様々な充電器をご提案、設置工事をしております。お気軽にお問合せください。

概算見積もりはこちら

lineでお問合せ